事業内容

【企業は人なり】

企業は人の集合体と考えます。では、優秀な人が集まっている企業は、優秀なのか。いや、そうではない。人はそれぞれ個性があり、良いところを伸ばし、足りない事は協調で補う。 人と人との融和が人の成長を生み、人の成長によって、企業も成長すると考えます。よって、われわれは、人こそが最大の財産であると確信します。

私たちは、人財サービスの会社です。

通常であれば「お客様第一」を掲げるのは当然のことですが、 それを一番に考えてしまいますとお客様のためといって社員を無理に働かせてしまうかもしれません。

社員が本当の意味で仕事と家族との時間を両立でき、会社から大切にされていると感じるからこそ、 お客様に気持ちよく対応できるのであって心身ともに良い状態でなければ、能率も上がらずお客様によいサービスもできません。 社員を一番大切にするからこそ、最終的にお客様への本当の親切に繋がると考えています。

だから、私たちは社員の事を一番に考え、必ず豊かにします。

お客様の声

ここまで支えてくださったお客様はじめ、たくさんの方にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。これからもよろしくお願い申し上げます

インバウンドなど影響で外国人の新卒を採用を進める中で、モンゴルからのインターンシップを受け入れ、現状4期生までトータル210名を採用。一年間の研修期間を通じて、学生の教育はもちろん、自社雇用のスタッフにもとても刺激となり、Win-Winの関係を築けた。インターン経験者からも10数名を正社員採用でき、中途採用もWBPに依頼してます。

湯快リゾート株式会社

【国際インターンシップの事例】

私たちの仕事は単純作業でなく、工具を職人の手で一つ一つ作っております。日本語もあまり話せない外国人には無理があると考えており、外国人採用に大反対でした。 WBPの話を3回も聞き、ダメ元でまずは1名モンゴル人採用してみました。 彼は弊社に入って約1年。本当に真面目に仕事に取組み、勉強にも熱心だった事から、私の考え方も変わり、仕事を丁寧に教え、必ず職人に育てようと思う様になりました。その後、更に2名をWBPにお願いし、来年2月に入社予定です。

株式会社関西工具製作所

【海外高度人財紹介の事例】

既存の派遣会社に夜勤の大量募集を依頼したが集められず、製造ラインを止めるくらい切迫していたが、WBPへ依頼することによって一気に解決。その後、18~26の時間帯を新たに設け、全てWBPに一任しております。WBPの社員も3名現場に入って頂き、スタッフの入職から作業指導までやって頂き、何より出勤率と定着がよくなっております。

食品工場 A社

【人財派遣の事例】

モンゴルからの優秀なインターンシップ生の大学生を受け入れ、研修をさせております。みんなが優秀で心から学ぶ意欲が感じられます。職員の皆さんも仲良くしていて、モンゴルに帰り大学を卒業した後に是非帰ってきて正社員で頑張って欲しいですね。感謝です。

株式会社佐野家

【国際インターンシップの事例】